匂梅 健司(コウバイ ケンジ)

★JKC公認クラブ
神戸フィールオールドッグクラブ 代表
★JKC公認クラブ
兵庫ベイサイドダックスフンドクラブ 代表
★JKC公認 A級ハンドラー

1972年3月12日に兵庫県明石市に生まれる。
海や川も近くにある環境で育ち、幼い頃はザリガニや魚釣りなどをして遊びました。

カブト虫やクワガタ、カマキリなどを採って飼育したり、スズムシ、ハムスター、カメやウサギ、ニワトリ、インコや文鳥、九官鳥、様々な生き物に囲まれて育ちましたが、今思えば九官鳥以外は全て繁殖の過程を見て育ちました。
犬との出会いは小学一年生の時に父が柴犬の子犬を連れて帰ってきた時でしたが、その頃はまだ私もスポーツや勉強に励んでいた頃というか。。友人との遊びに夢中だった頃かもしれません(^^;)


その後私も独立して、念願である犬が飼育できる環境になってから、温厚で、とても賢いゴールデンレトリバーのマリンを迎えました

ボール遊びと泳ぐ事が大好きだったマリンと自転車で毎日のように海岸へ行って遊ぶ事が日課でした。

夏には海へボールを投げ込み、泳ぎながらくわえては何度も私に投げろとせがんできたものです。寒い冬はさすがに海岸でボール投げをして遊んでいましたが、ランニング途中の少年が私とマリンの目の前で石を海へ投げ込んだりすると、とっさにそれを取りに寒い海へ飛び込んでいった事もありました(笑)

今でも思い起こすとマリンがボール遊びの後、私の傍で舌を出して呼吸する息遣いが聞こえてくるようです。。

もともと生き物が好きだった私は、人と心を通わせる事ができる犬の魅力にはまり、1頭のシルバーダップルのミニスムースダックスを近くのブリーダーから迎えました。

寒い時期に私の懐の中で連れ帰ったピピと名付けたその、か弱そうな子犬はやがて筋肉質で立派なお転婆レディに育ち、可愛い赤ちゃん達を産んでくれました。

そしてダックスのその愛らしい風貌と天真爛漫な気性に魅せられ、ダックスフンドのルーツやブリーディングなどについて学んできましたが、それが私のブリーダーとして、そしてプラムケンネルの始まりでした。